脱ニート

オタクな息子とアラカン母の初コメダ珈琲モーニング

シロノワール

コメダ珈琲のカツサンドを食べたい

オタクなアラサー息子と定年退職後の夫と、いつもの通り仲良く夕食を囲んでいる時、息子が「コメダ珈琲のカツサンドって食べてみたいと思ってさ」と言うんです。

夫はふ~んと興味無さそうだったけど、50代母は即座に「いいねいいね、シロノワール。どこに店あるんだろ?行きた~い!」ノリのよい母と息子でワクワク。

梅雨時の天気が不安定な中、天気予報で雨の降らなそうな日と時間をねらって自転車モーニングツアーと相成りました。

ふだん昼夜逆転の生活をしている息子が朝9時半に起き出したのは良いこと。毎日パソコンに向かいっきりで動画編集だのゲームだのお気楽な生活をしているけど、こういうイベントがあればちゃんと朝起きられるんだー。

自家用車の無い生活をしている我が家のマイカーは各自の自転車。暑くもなく風の気持ち良い朝のサイクリングとなりました。

モーニングセットとカツサンドとシロノワール

コーヒーとあんバタートースト

店に着いたのが11時15分前くらい。注文するものは決まっていたけどメニューを見てワクワク。私はホットコーヒーとシロノワール。息子は味噌カツサンドとアイスカフェオーレ。注文すると、11時まではモーニングセットの時間帯なので無料のトーストが付くとのこと!

これがうわさのモーニングセットですね?

初めてのコメダ体験でカツサンドやシロノワールの大きさがわからなかったので、食べきれるかな?トーストどうしよう?という顔をしたら、店員さんに「持ち帰りもできますよ」と言っていただけたので、安心してトーストをあんこバターでお願いしました。るすばんの夫にはエビカツサンドをテイクアウトで注文しておきましたよ。

店内は結構広くてきれい。まだ新しい内装は木がふんだんに使われていて天井も高い。ランチにはまだ早い時間からお客さんが何組もいて、やっぱり皆モーニングセット目当てなのかな?

まだ店は混雑しているほどじゃなくて、あまり待たされないうちにドリンクとモーニングのトーストがきましたよ。へ~、あんことバターのトーストだー。

パンは温かくてバターがしみてふんわり。あんこをつけてペロッといただきました。

カツサンド

次に運ばれてきたのが味噌カツサンド。大きい。取り分け皿を2枚用意してくれたけど、私は一口かじらせてもらって十分です。パンはふんわり温かく、大きさの割にはパンもカツも軽い感じで食べられます。味噌ソースがパンに染みていて息子も大満足のようでした。

来ましたシロノワール!

大きいけど、もっと大きいかと思ってました。実は。デニッシュパンは6つに切り分けられていて、2人でシェアしやすくなっていて良いです。温かいデニッシュと冷たいソフトクリームに甘いシロップを掛けていただきます。

これが有名なシロノワールね。一人用のミニサイズにしなくて良かったわ。ミニだったら物足りないと思ったかも。

初めてのコメダ珈琲でモーニングセット・カツサンド・シロノワールを十分楽しんで満足。店を出てもまだ12時前で、ランチの混雑とも無縁な時間で良かったです。さて我らがマイカー、自転車で帰りますよ~。

本屋で絵本に立ち止まり

途中、息子が来たことないというショッピングモールに寄ってみます。本屋に立ち寄りゲームの本があるか見てみるとのこと。私は今まで何度も買い物に来ているのですが、この近くにコメダ珈琲店があったとは知らなかったな。

この本屋は久しぶりだな~。絵本のコーナーがある。小さい子は身近にいないので普段は見ない棚なんだけど、絵本の本屋大賞みたいなランキングがされていました。ふと手に取ってみると、なんか懐かしい気持ちになりました。

 


あんなに あんなに

あんなにかわいかった息子がもうこんな・・・

子育て中のお母さんたち、大変だけどがんばって!その時が一番楽しい時なんだよ!と伝えたいです。

ニートな30代の前途を祝して

我が息子の生き方は世間一般には容認できない若者の生活かもしれません。

母である私だって心配だしこのままで良いとは思っていません。祖母や叔母や親戚は言葉にしなくても、息子のニートな状態には色々思っているようだし。

でもね、体と心と家族の関係が健康なら、私はそれ以上のことは望まないようにしています。一緒にテーブルを囲んでおしゃべりしながら団欒し、小旅行や買い物に一緒に行くことを拒みもせず、家族と仲良く一つ屋根の下に生きているってすごいことの気がしています。

ただ親の世代はずっと一緒に生きていけるわけではありません。息子には自分と同じ世代同士で生きていくしかないんだよ、とは事あるごとに伝え続けています。

こうしてニートな息子とアラカン母のコメダモーニングは穏やかに過ごせました。今度はコナズ珈琲に行こう!動画編集で得た収入で是非おごってもらいたいです。